KIDO Press 2018

KIDO Press 2018

Yuki Onodera
Solo Show
“The Window as Device” ,
Kido Press, Tokyo, Sep 7- Oct 14. 2018
Opening : Sep 7, 6:00-8:00 p.m.
Artist Talks : Sep 7, 4:30-5:30 p.m.

KIDO Press, Inc.
3331 Arts Chiyoda 204, 6-11-14 Sotokanda Chiyoda-ku Tokyo 101-0021 Japan
Tel & Fax :03-5817-8988
+(81)35817-8988
mail : printart@kidopress.com
web : www.kidopress.com
 


『オノデラユキ – 窓という装置をめぐって』
会場 ギャラリーキドプレス 3331 Arts Chiyoda 204
会期 2018 年 9 月 7 日(金)~10 月 14 日(日)

開廊時間 12:00~19:00 *最終日は 17:00 まで
閉廊日 月・火・祝祭日休み
作家を囲んでのオープニングレセプション
2018 年 9 月 7 日(金) 18:00 ~ 20:00
作家によるギャラリートーク
2018 年 9 月 7 日(金) 16:30 ~ 17:30

ギャラリーキドプレスでは、2018年9月7日(金)から10月14日(日)まで、パリを拠点に国際的に活躍する写真家、オノデラユキによる版画作品と写真作品を紹介する『オノデラユキ – 窓という装置をめぐって』展を開催いたします。本展では、キドプレスにて2009 年に制作されたフォトグラビュールの版画作品「古着のポートレート」(2009年)の5点とともに、これまであまり発表されてこなかった小作品のゼラチン・シルバー・プリント(銀塩写真)の中から《窓》に関わる作品を、オノデラ自身が厳選した写真作品12点を一堂に展示いたします。

版画作品「古着のポートレート」は、1994年に制作されたオノデラの初期の代表作「古着のポートレート」をフォトグラビュールによって新たに表現した作品です。光を利用して版を刻むフォトグラビュールは、光の画としての写真表現と親和性が高い銅版画の技法の一つです。全工程が手作業から成り、明暗を無段階に階調することができるので、写真フィルムよりもさらに深く表現可能な特徴をもっているとも言われます。オノデラはこのフォトグラビュールを用いて制作した「古着のポートレート」に、写真による硬質な描写力とは違う方向性を見いだし、手応えのあるマチエールを伴った絵画としての強度と存在感を浮き彫りにしました。また、精妙な手仕事のニュアンスの形跡を留めるフォトグラビュールこそが、デジタルプリントがスタンダード化する現代において、極めて貴重かつ魅力的な技法であることを物語っています。光沢感のある上質なブルーグレーの雁皮紙に二色のインクで刷られることによって、独特の温かく繊細なマチエールが生まれ、作品の内に秘められた絵画的内容がより表に出てくるような仕上がりを是非ご堪能ください。

また、今回展示される写真作品は、過去のシリーズから数点ずつ、モンマルトルの空を背景に約50点の古着を窓辺に1点ずつ立たせて撮影した「古着のポートレート」(1994年)を起因として、様々な意味合いを想起させる《窓》をテーマに選出されています。「古着のポートレート」に至る経路上にあり第1回〈写真新世紀〉(1991年)の受賞作品でもあるシリーズ「君が走っているのだ。僕はダンボの耳で待つ」(1991年)、古着の袖から空を垣間見た「From the Sleeve」(1993年)、美しい青い色調の「窓とコップ/Window and Glass」(1993年)、古着のポートレートと同じモンマルトルのアパルトマンの窓辺で撮影されたシリーズ「鳥」(1994年)、オノデラユキとアキルミのユニットプロジェクト Les KiKi による永遠のパリを描くシリーズ「レ・キキのパリ/Les KiKi de Paris」(1996年)、東京郊外の家々を浮遊する光の箱のように捉えた作品シリーズ「窓の外を見よ」(2000年)、中心に明るい大きな窓がある部屋に世界各地の地名を標識のオブジェが配置されたシリーズ「世界は小さくない-1826」(2012年)という7つのシリーズから、今回は《窓》に関わる作品としてオノデラにより編集されることで、当展示に出品される写真はシリーズという枠組みから解放され、新たな側面を見出す可能性に満ちた内容にもなります。そして《窓》はそのとき、部屋の窓、窓辺、カメラという箱の窓、あるいは写真のフレーム、もしくは写真という枠組みそのものであるのかもしれません。制作の現場でもある版画工房のギャラリースペースだからこそ実現した試作的な展示内容を、オノデラの写真作品に内在する多様な視覚表現と思考の痕跡を辿りながら、そのオノデラの窓からも飛び出し想像の翼を羽ばたかせるようにお楽しみいただけましたら幸いです。


101-0021 東京都千代田区外神田 6-11-14 3331 Arts Chiyoda 204
Tel: 03-5817-8988 E-mail: printart@kidopress.com Web: www.kidopress.com 開廊時間: 12:00 ‒ 19:00(月・火・祝祭日休み)
————————————————————————-
http://www.kidopress.com/


Yuki Onodera upcoming shows

solo shows

“The Bird escaped from Camera where to go?”, Vanguard Gallery, Shanghai, Sep 18 – Oct 26. 2018.

“The Window as Device” , Kido Press, Tokyo, Sep 7- Oct 14. 2018

“Yuki Onodera”, Kyoto Museum of Photography, Kyoto, Japan, Oct 31-Nov18, 2018.

Yuki Onodera’s works in the

Singapore International Photography Festival“, Sep 28 – Oct 28. 2018, Japan Creative Center, Singapore.

Beijing Contemporary 2018 : Aug 30-Sep 2, Beijing

ASIA NOW : Oct 17-21, Paris

PARIS PHOTO : Nov  8-11, Grand Palais Paris


Yuki Onodera upcoming shows – Sep.- Oct. 2018


Comments are closed.

Paris