11番目の指

2006, , , , 全26点

人間が無意識にとる身体の動きに着目し、ノーファインダーで隠し撮りした作品。被写体の顔はレース模様のように穴が空けられた紙を使い、写真にフォトグラムの技法で白く抜かれている。顔を隠すことによって動作の意味を失った様子は滑稽でもあり、そこに肖像権にたいする問題意識を読み取ることもできる。顔の部分を覆う白い紙には、さまざまな具象や抽象的な模様が切り抜かれ、その作家の手作業の痕跡が、粗い粒子の写真部分との鮮やかな対比を示す。タイトルの「」は、10本が被写体の指であり、11本目は撮影者のシャッターを押す指をさしている。

http://yukionodera.fr/ja/works/eleventh-finger/trackback/ http://yukionodera.fr/ja/works/eleventh-finger/
Paris